10年目…か。

2019年、あけましておめでとうございます。

ダラダラ年末年始を過ごし、
1月2日からやっと登校し始めたのだけど
春節休みに向けてなんだか年末ムード。
2009年に深圳に来てもう10年目になる。
2回お正月がある感じ、慣れない。


ウチの子たちの学校、香港人が深センに作った私立学校。
香港籍の子が多く、中国籍の子も外国籍の子も結構いる。
インターと中国ローカルの中間みたいな感じ。
クリスマス休み、ローカル学校はないのだけど
子供たちの学校はガッツリ休み。

クリスマスはこれまでサンタを信じているらしい子供たちのために
枕元にプレゼントを置いていた。
旺輔は中学生になったしもうプレゼントもネタ切れ、ということで
「実はね…。」
とこれまで私たちがプレゼントを用意していたこと、
今年は一緒に買いに行くかお金にしようと思っていることを話した。
丈輔はショックだったらしい。
ちょっとかわいそうだったけれど
ローラーブレードを一緒に買いに行ったらとっても嬉しそうだった。

s-DSC_2359s.jpg
クリスマス休み、中国で初公開された『となりのトトロ』を映画館に見に行った。
日本語音声中国語字幕。
トトロは中国でも人気なのだけど
これまでは動画サイトやDVDで見られていただけで
正式に公開されたのは初めてらしい。
懐かしくてほっこり。

s-DSC07923.jpg
昨日から野球、今日からラグビーの練習も開始。
どちらも楽しそうなのだけど特に野球は上達があまり見られないのが不満。

深圳生活10年目の年。
健康に楽しく!

送り迎え卒業

少し前、学校帰りに子供達とエレベーターに乗っていたら
幼稚園児に
「こんなに大きいのに
お母さんと一緒に学校に行ってる!」
と言われた。

日本にいたらとっくに子供だけで外を歩いていたのだろうけど
ここは中国。
なかなか思いきれなかった。

学校までは徒歩5分。
心配しすぎもよくない。
子供達は随分前から自分達だけで大丈夫と言っている。

葛藤しつつ学校に「安全責任書」を提出。
15439141780471.jpg

夕方、少しだけ心配しつつ家で待っていた。
子供達、元気に帰宅。
これまで学校の昇降口で「おかえり」と言っていたけれど
これからは家の玄関で「おかえり」。

旺輔が幼稚園に入園してから約9年続けてきた送り迎え、
今日卒業。
ちょっとさみしい。
posted by noriko390 at 19:09Comment(0)日記

『中華字経』中国版いろはうた?

先週末、丈輔が苦労していた語文(日本で言う国語。なのでこちらだと中国語)の宿題が
『中華字経』の前半部分を写す、というもの。

丸写しすればいいから簡単じゃないか、と私は思うのだけど
丈輔はそれが苦手なようで手をつけずにグズグズ。
2時間かけて何とか終わらせていた。

『中華字経』ってなんだ?全文はこちら(百度百科 中華字経)
古文かな?
と思いつつのぞきこんでみたら
何やらそうでもないらしい。
果物や植物の名前が列挙されている部分もあれば
偉人の名前が出てくるものもある。

丈輔が言うには
漢字4000文字がほとんど重複せずに使われて作られたものだそう。
にほんのいろはうたは平仮名たった47文字。
4000文字!!
調べてみると4000文字中重複しているのはたったの20文字。
4000文字で常用漢字が網羅されているらしい。

天文、地理、歴史、経済、植物、などなど内容は多岐にわたっていて
国内外の偉人や名著、名所に触れている部分もある。
インターネットや試験管ベビーなど最近の話題にも触れられていることからわかるように
それほど昔のものではなく
2000年前後に出版されたものみたい。



出だしは

乾坤有序,宇宙无疆。星辰密布,斗柄指航。
(万物の変化には順序があり、宇宙には限りがない。
星は隙間なくひろがり、北斗七星は道しるべになる。)

ぱっと目についた偉人に触れている部分は

格林童话,伊索寓言。莎翁托氏,福摩探案。
但丁歌德,伽丘十谈。培根牛顿,爱因斯坦。
(グリム童話、イソップ物語。シェイクスピア、トルストイ、シャーロックホームズ。
ダンテ、ゲーテ、ボッカチオ『デカメロン』。ベーコン、ニュートン、アインシュタイン。)

こんな感じで4000文字。
20文字しか重複せずに長々と
意味のある詩を作るの、大変だっただろう・・・。
教育部语言文字应用研究所が文字を速く習得できるように作ったものだという。

私、最近すっかり中国語学習を怠けて退化の一途。
ピンイン、声調はおぼろげなものだらけだし
書けない漢字だらけ。
とりあえず『中華字経』、写してみようかな。

中国語を始めたばかりの人の勉強にもよさそう。

sDSC_1909.jpg

少し前の夏休み終わりごろの写真。
これまでリビングの食卓が勉強場所だったのだけど
小さい机を二つ買って狭い子供部屋に無理やり配置し勉強机に。
通販サイト京東で一つ129元(約2000円)で買った机、なかなかいい。
今でも食卓で宿題をやることが多いから
教科書置き場になっている。
posted by noriko390 at 12:38Comment(0)日記

タッチラグビー全国大会 フフホト!

10月12日から14日まで
子供達の達のタッチラグビーの全国大会の付き添いで
内モンゴル自治区のフフホトへ行ってきた。

去年は北京で行われた大会。
大気汚染の為もともと屋外の予定が屋内で、
試合数も減らしての実施になってしまった。
北京はコリゴリとはいえ
フフホトとはなんて遠いところで...

今回夫は日本出張中で行けなかったので
私だけが付いていった。

フフホト、朝晩は10度以下まで冷え込むけれど
昼間はポカポカでスポーツ日和。

息子たちのチーム、深圳リトルドラゴンズは
中国、台湾、香港、日本、チェコと国籍色々な子供たち、
コーチ2人もウクライナ人と南アフリカ人という構成で
中国人ばかりの他のチームのなかで異色の存在だった。


子供達は全5試合を戦って
3勝2敗。
決勝で青島から来たチームには完敗してしまい
去年と同じ準優勝。
s-00300155757_30f8d9d0 (2).jpg

s-00300155761_e142480e.jpg

s-DSC07396.jpg

s-DSC07405.jpg

s-DSC07420.jpg

悔し涙にもらい泣きしてしまった。

金曜深夜フフホト着、
翌朝早くから試合というハードスケジュールでも
元気に笑顔で頑張った子供達、頼もしかった。

s-2018-10-15.jpg

今回の大会はネットニュースに取り上げられていた。

以下まとめ。

全国青少年触式橄榄球冠军赛在呼和浩特开赛
新华社


2018年“橄榄少年杯”全国青少年触式橄榄球冠军赛开赛
人民网



全国青少年触式橄榄球冠军赛:中外青少年“以球会友”
中国新闻网


2018年“橄榄少年杯”全国青少年触式橄榄球冠军赛举行
内蒙古自治区体育局


视频:2018“橄榄少年杯”全国青少年触式橄榄球冠军赛在呼市举行
凤凰网视频


2018“橄榄少年杯”全国青少年触式橄榄球冠军赛在内蒙古呼和浩特市体育场拉开战幕
搜狐视频


2018“橄榄少年杯”全国青少年触式橄榄球冠军赛在呼市拉开战幕
腾讯视频


视频とあるのは動画ニュース。

posted by noriko390 at 15:19Comment(0)日記

日本の秋

国慶節休み、約一週間一時帰国していた。
夫の実家で魚を中心に美味しいものをいっぱいいただき
日本の初秋を満喫。

今回香港から成田への便、初めて深夜便に乗ってみた。
金曜深夜1時過ぎのキャセイに乗り台風の影響で一時間遅れて
土曜朝成田に到着。
子供達が成長し体力がついたので
特に困ったこともなく快適な移動だった。


9月30日の野球のチケットを取っていたのだけど
台風で中止に。
30日深夜にやってきた台風はこの間深圳に来たのと同じくらい怖かった。

改めて取り直したチケットで念願の神宮野球観戦。
s-DSC_0031s.jpg

s-DSC07118s.jpg
子供達は初めての神宮。私と夫は凄く久しぶり。
古いデザインのレプリカユニフォームを着てベイスターズを応援。
三塁側内野席はベイスターズファンで埋まってて
熱心に応援する人の熱気がすごかった。
何故か私たちの周りは外国人が多くて
しかもその中にベイスターズの外人選手パットンのそっくりさんがいた。
ベイスターズ、負けちゃったけど楽しかった。

裏磐梯へ日帰りドライブ。
s-DSC_2049s.jpg
猪苗代湖。
水切りに夢中。

s-DSC_0004s.jpg
磐梯山。

温泉にゆっくりつかって癒された。

野球もドライブもいとこたちと遊べたことも
子供達はとっても楽しかったみたい。

いつも日本から深圳に戻るときは大泣きする丈輔、
今回は泣かずに帰ってこれた。
気持ちの切り替えが上手になったのかな。
私の方がさぁまたがんばろう、という気分になれずちょっと落ち込んでしまった。


毎回帰国のたびにたくさん食材や日用品を買い込むのだけど
その買い物と荷造り、深圳に戻ってきてからの荷ほどきにうんざり。
日本は欲しいものが簡単に安く手に入るから
あれもこれもと買い込みたくなる。
飛行機の預け入れ荷物の重さ制限23キロと格闘するの、疲れた。
一つ23キロ以内を二つ預けられるのだけど
23キロなんてすぐに超えてしまうのだ。

苦労して持ち込んだものを活用して
深圳生活前向きに楽しまないと!
posted by noriko390 at 15:44Comment(0)日記

台風22号、怖かった~

昨日台風22号が深センの近くを通り過ぎて行った。
朝10時前から夕方17時頃までずっと暴風雨。
大きな木が風でどんどん折れたり
根こそぎ倒れたり。
マンション自体が揺れてるみたいで
とっても怖かった。
6階でそう感じるのだから
上層階はもっとだろう。
ガラスが割れた家もあったみたい。
今まで体験した中で
一番怖い台風だった。

子供達の学校は台風が来る前の一昨日の時点で
今日の休校が決まっていて
判断が早いな、
月曜は学校いけるんじゃないかな、
と思っていたのだけど
休みにして正解。
道路はひどい有様だし
学校も恐らく掃除が必要だろう。

15371654181110.jpg

15371655201951.jpg

15371655031120.jpg
断水や停電がなかったのは本当に助かった。

恐怖で精神的に疲れた。

台風を弱めたり消滅させたり
出来るようになればいいのに。
posted by noriko390 at 15:53Comment(0)日記

今日から中学生

旺輔、今日から中学生。
内部進学で校舎は変わらず
制服が新しくなり
クラスメイトの数が減り
中国語より英語の占める割合が多くなるらしい。
15359605296570.jpg
小学校の制服は白と水色で爽やか。
中学のは上下ベージュ…。
作業服っぽい。

丈輔は今日から5年生。
担任の先生もクラスメイトも
ほとんど変わらないはずなのに
旺輔よりも緊張して通学していった。

先月熊本から深センに戻ってきて
居留許可の更新も終わった。
また心機一転頑張らねば。

15359604246040.jpg
ラグビーの新学期は昨日から開始。
大雨の中元気に練習。
posted by noriko390 at 16:57Comment(0)日記

ペーパードライバーから脱却

私が運転免許を取ったのは約20年前。
免許をとってから運転したのが1、2回という
完全なるペーパードライバー。

それが今回一念発起、ペーパードライバー講習を受けることにした。
これまで帰国のたびに運転していろんな所に連れて行ってくれた父が
先日腰の手術をして3ヶ月は運転できないことになったのが一番の理由。
母は私よりはマシだけど運転に自信無し。

調べてみたら家まで迎えに来てくれる出張ペーパードライバー教室があって
そこにお願いすることにした。

帰国翌日、早速1回目。1回2時間。
道路が広くて車が少ない
工場や倉庫が集まっているところまで先生の運転で行き
講習スタート。
思っていたより難しく右折左折はスムーズに行かないし
止まれの標識を見逃してしまったりも。
「今は失敗してもいいんですよ。」
と先生が言ってくださりありがたかった。

全部で7回の講習を連日受けた。
全く運転出来なかった私が
あとは自分で安全運転しつつ慣れていくしかないな、
と思える程度にまでなった。

最後の講習の時には
子供達も同乗。
丈輔は爆睡。
お母さんの運転は安全、と思ってくれたみたい。

とても丁寧に教えてくださった先生に感謝。

講習を終えてから
片道1時間の父の通院で2回、
買い物で3回運転し
今日初めて助手席に父や母をのせず
私一人で子供達を乗せてプールに行き
無事帰ってきた。

20年前、免許取ったの無駄だったな、と思っていたけれど
こうやって約1週間の講習で乗れるようになるなら
20年前の苦労は無駄じゃなかった。

まだまだ運転は怖いけど
少し楽しくもある。
慎重に落ち着いて運転していこう。

15325001835712.jpg
日本の夏、今年は特に暑い!
老犬ディーは涼しい部屋でゆったり。
posted by noriko390 at 16:38Comment(0)日記

10 歳おめでとう

丈輔が10歳になった。
毎年丈輔の誕生日は熊本で迎える。
今年は特に暑い。

ラグビーと野球を頑張る、というのが
10歳の目標。

15325000922231.jpg
元気にまっすぐに。
10歳の1年が楽しいものでありますように。

15325000576080.jpg
可愛いもの好きの丈輔が選んだ
とってもかわいいケーキ。
実家近くのボンボンシュシューというお店のもの。
可愛いだけじゃなくて
とっても美味しかった。

私達が今回熊本に帰省して来たのが7月12日。
香港エクスプレスの香港熊本直行便に乗った。
朝7時半発のフライトで
深センの家をダブルナンバーのタクシーで夜中3時半に出発。
順調に行くか不安だったけど
全く問題なし。

子供達が大きくなって3人での移動も楽になったと実感。
posted by noriko390 at 23:00Comment(0)日記

卒業式終了

昨日は旺輔の卒業式だった。
例年7月の10日前後に行われる卒業式兼発表会、
今年は2週間以上早い。
会場が手配できなかったのかな。
というわけで卒業式の後も学校に行かなくてはならず
小学校最後のテストも受けなくてはならない。

s-DSC06739.jpg
卒業生がステージに上がり、代表者に卒業証書を授与。
答辞は数人の代表が交代で中国語と英語で。
旺輔は英語をやりたかったらしいけれど
選ばれなかった、と残念がっていた。
「旺輔がスピーチするなんて
お母さんドキドキして見ていられないから選ばれなくてよかったよ。」
といいつつ
積極性を身につけ、自信を持って学校生活を送れていることがわかって嬉しかった。

卒業式はあっさり終わって涙もでず。
司会者じゃなくて担任の先生が卒業生の名前を一人一人呼んでほしかったな。

s-DSC06746 (2).jpg
旺輔はバイオリン、丈輔はチェロで合奏に参加。
曲目は天空の城ラピュタの主題歌「君をのせて」。
一年で合奏できるようになるなんて思わなかった。感動。

発表会は希望者全員参加の音楽劇『シルクロードと一帯一路』。
毎年のごとく幼稚園生から中学生まで
皆に出番があるように工夫された劇で先生たちの悪戦苦闘が窺える。
s-mmexport1529926951479.jpg

s-DSC06769 (2).jpg
丈輔はシルクロードを開拓する張騫と一緒に行動した騎士だったよう。

s-DSC06805 (2).jpg

s-DSC06797 (2).jpg
旺輔は今中国が推進している「一帯一路」に含まれるインドっぽい踊り。

「一帯一路」はいろんな国が含まれるから都合の良いテーマだったのだろうし
実際劇では色々な国の格好をした子が出てきて色々な国のうたをうたって楽しい感じだったのだけど
なんだかその言葉が含まれるだけで政治的な、中国の国威発揚的な感じがするな、と思った。

6年前入学した時は小学校の途中で日本に戻ることになるか
ついていけなかったりうまくいかなくて
途中で日本人学校に行くことになるんじゃないかと思っていた。
6年間通って卒業できるのは周りにいい人たちがいてくれたおかげ。
先生、クラスメイト、皆に感謝の気持ちでいっぱい。
posted by noriko390 at 17:03Comment(0)日記